スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの子猫はやんちゃな性格?凶暴で怖がりなのか特徴を詳しく解説

スコティッシュフォールドの子猫はやんちゃな性格?凶暴で怖がりなのか特徴を詳しく解説
Pocket

コロナ禍で自宅にいることも増え、ペットに癒しを求める方が増えたことはニュースでも話題になっていましたよね。

そんな中、注目されたのがネコちゃん!

猫は現在完全室内飼いが推奨されていて自宅で触れ合えることや、また散歩の必要がなく鳴き声も小さいためその魅力が再確認されているんです!

ペットショップなどでネコちゃんを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回紹介したいのが「スコティッシュフォールド」という種類のネコちゃんです!

スコティッシュフォールドは世間でかなり人気の高い品種のネコちゃんで一度は名前を耳にしたことがあるはず!

そんなスコティッシュを迎えるにあたり、筆者の自宅にいるスコティッシュフォールドのお話も交えながら子猫の性格を紐解いていきますよ。

スコティッシュの子猫の性格がやんちゃで凶暴だと迎えるのも躊躇われますよね。

そんな気になるやんちゃさや凶暴さをご説明しながら、オスメスの違いや寿命についてもご紹介していきます。

それではご覧ください!

 

スコティッシュフォールドの子猫はやんちゃな性格?


スコティッシュフォールドに関わらず、保護猫でもない限りはペットショップやブリーダーさんからネコを迎えることになります。

そういった場合はほぼ全ての場合において、お家にやってくるのは子猫の段階。

子猫ちゃんはまだよちよちしていて鳴き声もか細く本当に可愛いのですが、実際の性格がどんなものかと気になったことはありませんか?

やんちゃなのか、穏やかなのか?

はたまた全く別の性格をしているのか?

それによっても人間側の付き合い方も変えなくてはいけません。

大人気品種のスコティッシュフォールドの子猫はどんな性格をしているのかご紹介していきますよ!

 

スコティッシュフォールドの子猫の性格は悪い?

スコティッシュフォールドの性格を調べると「悪い」という候補が出てくるため勘違いされているのかもしれませんが、それは大きな間違いです。

スコティッシュフォールドは猫を飼うのが初めての方でも非常に飼いやすく、温厚で友好的なネコちゃんです。

またその性格のため多頭飼いもOKで、先住ペットがいる場合や、新たに2匹目を迎えたいという場合でもスコティッシュはうまくやってくれることが多いです♪

そのためスコティッシュフォールドの性格が悪いと思っていた方はぜひ考えを変えてみてくださいね!!

 

やんちゃなのはスコティッシュフォールドの子猫だけではない!

スコティッシュフォールドの子猫の性格を一言で言うと、「やんちゃ」です。

しかし、ぜひ知っておいていただきたいのは、子猫時代にやんちゃなのは「どの品種も同じ」ということです。

洋猫であっても、和猫であっても同様です。

人間の子供が元気いっぱいなのと同じで、スコティッシュフォールドやそれ以外の品種のネコちゃんも同様に「やんちゃ」で元気が有り余っています。

筆者が一緒に暮らしているスコティッシュフォールドも、子猫時代は「このまま大人になったらどうしよう・・・」と筆者が一抹の不安を覚えるほどやんちゃでした。

目に入るもの全て、特に動くものに対してはとにかく一旦噛んでみる。(笑)

噛み付きまくり、猫パンチを繰り出し、キックをかまします。

じっとしている時間の方が少ないと言っても良いでしょう。

個体差はあるものの、スコティッシュフォールドに関わらず子猫は「やんちゃ」です。

では一生ずっとそんな性格なのかというと、そうではありません。

年齢を重ねるほどにネコちゃんの性格は落ち着いていきます。

そのタイミングには個体差がありますが、筆者宅の場合は1歳を過ぎてから本当に落ち着いた子になりました。

 

スコティッシュフォールドの子猫の性格はオスメスで特徴が違う?

スコティッシュフォールドの子猫の性格ですが、オスとメスでも違うのか?と気になった方はいるでしょうか?

こちらも、品種にかかわらずオスメスで性格の違いがあるんです。

その違いがどこまで顕著かということは、こちらについても個体差はありますが、一般的にはオスの方が甘えん坊だと言われています。

スコティッシュフォールドのメスはクールでのんびり、オスはやんちゃで甘えるのが大好きな子が多いです。

オスは大人になるにつれ「我が道を行く」性格になっていくのですが、去勢手術をしたオスは甘えん坊の部分が強く残ります。

筆者宅のスコティッシュは男の子なのですが、かなり「ワンコ」っぽいなあと感じています。

遊ぶのが大好きで、いつもおもちゃの前で鳴いて「遊ぼう!」と誘われますし、家族へのスリスリやヨシヨシのおねだりは欠かしません。(笑)

去勢手術を受けてからますますスキンシップを求める行動が増えたように思います。

 

スコティッシュフォールドの子猫は凶暴で怖がり?


スコティッシュフォールドの子猫の性格をご紹介しましたが、一口に「やんちゃ」と言っても色々なタイプがありますよね。

ただおもちゃでよく遊んでいるなら良いのですが、家族や先住ペットに危害を加えたりするのは避けたい・・・。

特に小さいお子さんがいる家庭ではそういったことを気にするのは当然!

ということでスコティッシュフォールドの子猫は凶暴なのかどうかを見ていきましょう!

 

スコティッシュフォールドの子猫が凶暴になる原因は?

スコティッシュフォールドは先ほどもご説明したように本来とても飼いやすく、ネコちゃん初心者の方にも向いていると言われるほど温厚で友好的なネコちゃんです。

しかしそれでも稀に凶暴になってしまうことはあります。

その原因は以下の3つ。

  • トラウマ
  • 飼い主への不満
  • 社会性が身に付いていない

上記の二つは、過去に病気や事故など何か嫌なことがあった時、そして飼い主に嫌なことをされた場合です。

これはなんとなく理解できますよね?

不快なことをされたり思い出したりして反射的に攻撃してしまうのは、動物の本能。

飼い主としてできることはなるべくネコちゃんを尊重し「嫌がることはしない」ということしかありません。

(それでも動物病院や爪切りなど、ネコちゃんが嫌がったとしても必要不可欠なことはあるのですが・・・。)

最後の「社会性」についてですが、これは子猫時代に母親やきょうだい猫たちから離されてしまうことで起こります。

ネコちゃんは母猫やきょうだい猫と遊びながら、噛み付く時や引っ掻く際の力加減を覚えていくものなのですが、そういった経験がないと飼い主さんにも最大限の力で噛み付いたり引っ掻いてしまう場合があります。

これは飼い主さんが少しずつしつけをしたり、色々な経験を子猫時代にさせておくことで社会性が少しずつ身に付いていきますよ!

ちなみに、子猫時代から手を使って遊んでいるとネコは人間の手をおもちゃ扱いにしてしまい、力一杯噛み付く習慣ができてしまいます。

子猫と遊ぶ際には手でじゃらすのではなく、おもちゃを使うようにしましょうね!

筆者はこれを怠ったために、2歳となったウチの子に今でもガブガブと噛まれます。(楽しいのでOKですが・・・。)

 

スコティッシュフォールドの子猫は臆病

スコティッシュフォールドは怖がりな一面もあります。

そのため、力一杯噛まれたり粗相をした場合でも、しつけの際に大声で怒鳴ったりするのは絶対にやめてください!

スコティッシュフォールドをしつける際は「優しく諭すように」話しかけると良いでしょう。

またスコティッシュに限らず、ネコちゃんは聴覚が優れているため大きな音を怖がることがあります。

そのため足音や食器の音など、物音はできるだけ静かに抑えるようにするとネコちゃんを安心させることができます。

ちなみに筆者宅のスコティッシュは本当に臆病で、スーパーの袋のカシャカシャという音でベッドの下に潜り込んでしまいます。

また工事などで自宅の中に業者さんが入る際にも隠れてしまって姿を見せることはありません。(笑)

こうしたことも子猫時代に慣れさせておくことで人懐っこく勇敢なネコちゃんになる場合もありますので、できるだけ子猫時代にたくさんの経験をさせてあげると良いでしょう!

 

スコティッシュフォールドの寿命は?


それでは最後に、スコティッシュフォールドの寿命についてお伝えしておきますね。

スコティッシュフォールドの平均寿命は10年〜13年と言われています。

ネコ全般の平均寿命は14年〜15年とされていますので、スコティッシュは平均に比べて寿命が短い方となります。

その理由は、スコティッシュフォールドは遺伝性の病気にかかりやすく、それらの病気が難治性だからなのです。

特に「肥大型心筋症」と言われる病気は7歳以上のシニア期を迎えたスコティッシュに多いため、中年を迎えてからはこまめに健康診断を受けるようにしてくださいね。

平均寿命とは言っても、それよりも長く生きるネコちゃんがいるのもまた事実。

こうした数字に一喜一憂せずに、今の生活を目一杯楽しみましょう!!!

 

まとめ


今回はスコティッシュフォールド子猫の性格がやんちゃで凶暴なのかどうかをご紹介しましたが、いかがでしたか?

スコティッシュフォールドの子猫は本当にやんちゃで遊ぶのが大好きなのですが、それは子猫のうちだけ。

嬉しいやら寂しいやら、大人になると落ち着きを持ったネコちゃんになります。

スコティッシュフォールドはネコちゃんの中でも温厚なので、初めての方でも飼いやすくオススメです!

終生飼い続けることができる方で、スコティッシュをお迎えしたいと考えている方はぜひお迎えしてみてください!

オスメスでも少し性格が違うのですが、それは飼い主様のライフスタイルに合わせて選ぶと◎

寿命は平均に比べて短いとされていますが、数字に惑わされずスコティッシュとの楽しい生活を送りましょう。

以上、「スコティッシュフォールドの子猫はやんちゃな性格?凶暴で怖がりなのか特徴を詳しく解説」でした。