メインクーン

メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントもご紹介!

メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントもご紹介!
Pocket

メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントを紹介していきます。

メインクーンは大きさに目が行きがちですが、かなり長毛な猫種です。

そうなると気になるのは、メインクーンを飼う上で抜け毛が多いのか少ないのかという点。

また、生え代わり時期などの抜け毛対策のポイントも見ていこうと思いますよ。

それでは、メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントの紹介です。

 

メインクーン抜け毛が少ない多い?


メインクーンの抜け毛量について紹介していきます。

 

メインクーンの抜け毛は多い少ない?

メインクーンは見ての通りかなり長毛種。

しかし、よく見てみると被毛の長さはセミロング程度。

その毛が密集して生えている状態ですので、他の長毛種に比べると比較的毛は抜けやすいほうではないでしょう。

そもそもメインクーンは実はシングルコートに分類されています。

メインクーンは寒い地域原産ということもあり、被毛はフサフサして大きさに拍車をかけています。

そのことから、イメージとしてダブルコートだと思われがちですが、実際の分類はシングルコート。

シングルコートでセミロングですので、ダブルコートに比べれば抜け毛は少ないとされますが、長毛種であることに変わりないので、それなりの抜け毛は覚悟が必要です。

 

毛色によって抜け毛の量が違う?

同じメインクーンであっても、毛色や毛質によって若干抜け毛の量が変化するようです。

基本的にはブラウンタビー(キジトラ)やレッドタビー(茶トラ)は抜け毛量が少なめ。

また、シルバー系の毛色になると抜け毛の量は増加する傾向にあります。

毛質に関して言えば、毛が固くサラサラしているメインクーンは抜け毛量が少なめ。

毛が柔らかくてフワフワしているメインクーンは多めだそうです。

 

生え代わり時期は抜け毛量が増加?

上記でも紹介した通り、メインクーンの原産地はアメリカ北部。

なので初夏頃に被毛が生え変わる時期がやって来ます。

抜け毛の掃除も大変ですが、メインクーンも毛繕いの際に生え代わりによって飲み込む抜け毛の量が増えてしまい、お腹に毛玉が溜まり過ぎた状態の「毛球症」を引き起こすこともあるそうです。

 

生え代わり時期は2回ある?

特に注意したい抜け毛増加期間は、上記でも紹介した春と秋の年2回。

詳しく紹介すると、春は3月から初夏にかけて、秋は11月頃から翌1月頃にかけてが抜け毛のピークになります。

生え変わりについては個体差があり、量も期間も異なります。

とはいえ、短くても春秋それぞれ2ヶ月間程度。

長ければ3、4ヶ月間と倍近くになりますね。

生え変わり期間は年間通じて4ヶ月から8ヶ月となっており、平均半年間は抜け毛で悩むことになりそうです。

 

メインクーンの抜け毛対策のポイントは?


ここからはメインクーンの抜け毛対策について紹介していきます。

 

定期的にブラシやコームを入れて毛並みを整える

やはりメインクーンの抜け毛対策の基本はブラッシング。

メインクーンの被毛の特徴として、毛が均一ではなく、その上密度が高いです。

人間で言うと、くせ毛で剛毛と言った感じでしょうか。

密度が高いということは、生え変わりはその量が抜け落ちるということですから、かなりの量が抜け毛になります・・・

ですので定期的にブラシとコームを入れ、もつれを整えることは抜け毛対策で重要なポイント。

特にブラッシングを重点的に行いたい期間は生え代わり時期で、晩秋から春にかけては少なくとも週2、3回ペース、一番抜け毛が増える初夏から秋にかけては1日2回は最低でも行いたいところ。

 

シャンプーも抜け毛対策に有効?

メインクーンに限らず長毛種の猫であれば月に1~2回はお風呂に入れてあげたい所ですね。

ブラシングはシャンプーの前後に丁寧に行うことで、抜け毛対策としてはばっちりです。

上記でも紹介した通り、メインクーンはくせ毛っぽいという特徴もあるので、洗い流すことで毛のゴワゴワを取り除き、ブラッシングだけでより抜け毛をキャッチさせることにも繋がります。

ブラッシングでは取り切れない抜け毛も洗い流せて、臭いも気にならなくなるので、個人的にはおすすめの方法。

もちろん長毛種ですので、しっかり乾かしてあげることをお忘れなく。

 

濡れタオルで代用も可能?

メインクーンのみんながみんな水が好きではないでしょう。

その場合、お湯で濡らしたタオルや蒸しタオル等で拭くことによって、お風呂の代わりにすることも可能です。

流石に実際にシャンプーした効果には劣りますが、ある程度は抜け毛を集めることができる方法です。

また、シャンプーでは抜け毛によって排水溝が詰まるパターンも多く、こまめに掃除する必要がありますが、濡れタオルで代用することによって抜け毛の処理がタオルを洗うだけで簡単になると言うメリットもありますよね。

 

抜け毛対策でサマーカットに?

抜け毛対策でメインクーンをサマーカットにする方もいます。

メインクーンのようなフサフサした被毛は非常に魅力的ですが、抜け毛の原因になるのは言わずもがな。

流石に冬は可哀そうですが、夏の温かい時期であればサマーカットするのもアリだと思います。

サマーカットしたら寒いのでは?と思う方もいますが、そもそも原産地は北米で寒い地域。

ですので日本の夏は原産地の北米に比べると湿度も高いことから、とても暑く感じるはずです。

しかし、初めてカットする時にはバリカンを嫌がるメインクーンもいますよね。

音が出る道具ですし、他人に触られることが苦手なタイプもいるので、無理にサマーカットにするとストレスがかかるので注意です。

さんもいるので、猫が嫌がる素振りを見せたらストレスになってはいけないので諦めましょう。

 

まとめ


メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントを紹介してきました。

メインクーンはシングルコートではあるものの、体が大きく毛並みが長い分、抜け毛量は多いようです。

ただ、他の長毛猫種に比べると、抜け毛は少ないとのこと。

抜け毛対策はブラッシングとシャンプーが有効であることはもちろん、原産地が寒いということでサマーカットで短くする対策も有効かと思いますよ!

以上、メインクーン抜け毛が少ない多い?抜け毛対策のポイントの紹介でした。