メインクーン

メインクーンの鳴き声がかわいい!独特な声の意味や特徴もご紹介!

メインクーンの鳴き声がかわいい!独特な声の意味や特徴もご紹介!
Pocket

メインクーンの鳴き声がかわいいくて独特な声の意味や特徴について紹介していきます!

メインクーンは大きな猫というイメージが強いですが、独特の声を持つ鳴き声は非常にかわいいのです!

しかも、猫では珍しく鳴き声に感情や抑揚があり、まるで会話しているような感じになるので、メインクーンの鳴き声には意味もあるようです。

何となくメインクーンと話すことができれば、飼っていても楽しいですよね!

それでは、メインクーンの鳴き声がかわいいくて独特な声の意味や特徴について見ていきましょう。

 

メインクーンの鳴き声がかわいいって本当?


メインクーンの鳴き声がかわいいと言われていますが、なぜそのようなことが言われているのか見ていきましょう。

 

メインクーンの鳴き声は感情的?

メインクーンの鳴き声については、非常に特徴的だといわれています。

イメージ的には「ニャーンという鳴き声」と「喉を鳴らす際のクルル」が合わさったような、表現しにくい飼った人しか分からない声だそうです。

また、メインクーンは鳴き声のイントネーションが上昇調で質問をしているように聞こえることから、おしゃべり上手とも言われていることもかわいいと言われている所以なのかもしれません。

お互いに意味が通じ合っているのか分からないですが、飼い主との会話が成立しているように見えることも多々あるそうです。

言葉のキャッチボールはできなくても、まるで話しているかのような鳴き声に心を奪われる人は少なくありません。

 

メインクーンの鳴き声はギャップでかわいい?

愛好家の中でも人気が高い理由のひとつとなっている特徴的な鳴き声。

上記でもかわいいと言われている要因について紹介しましたが、一番の理由はメインクーンの大きな身体からは想像もつかないような可愛くて高い声というギャップでしょうね(笑)

しかも、メインクーンはあまり鳴かない猫種なので、飼い主に懐いた時やお腹がすいたときくらいしか鳴かないです。

ですので、その特別感がかわいいと感じさせるのかもしれませんね。

 

メインクーンの鳴き声の大きさもかわいい?

猫でも品種よって、鳴き声が大きくてかわいくない猫種もいます。

その点、メインクーンは鳴き声の小さい子が多いので、集合住宅での飼育にも向いており、鳴き声のボリュームで言えば非常にかわいいでしょう。

しかしながら、普段の鳴き声が小さくても、発情期ともなれば話は別ですので、その点は他の猫と同じなのでご了承ください。

 

メインクーンの独特な声の意味や特徴もご紹介


ここからはメインクーンの独特な鳴き声の特徴や意味についても紹介していこうと思います。

 

メインクーンの独特な声の特徴

これまでも紹介してきたように、メインクーンは基本あまり鳴かない猫です。

ですので、飼い主以外で鳴き声を聞くのはレアケース。

独特ま鳴き声の特徴は、なんといっても高音で鳴くということ。

「クルル〜」や「キューン」などかなり高音で、ミャーオなど猫っぽく鳴くことは少ないかもしれません。

どちらかというと、鳴き方は鳥に近いものがあり、のどを鳴らし、口を閉じて鳴き声を出すという方法も使うようです。

実際に初めて飼った飼い主は、あまり鳴かない上に鳴いても猫っぽくない鳴き声なので、かなり戸惑うことがあるようです。

慣れるまで、メインクーンに何か異常があるのでは?と心配になる人もいるようです。

 

メインクーンの鳴き声に意味がある?

メインクーンは鳴き声に特徴があるだけでなく、イントネーションによっては会話しているような感じになるようです。

実際にメインクーンも細かく使い分けて気持ちを伝えているのかもしれません。

 

ニャーン・ミャーオ

猫の鳴き方で一番見られるのが、この鳴き方ではないでしょうか?

この鳴き方は甘えているとき、ごはんが欲しいときなどにするようで、何か求めているんだなと思っておきましょう。

「撫でて欲しい!」「遊んで欲しい!」などそういった欲求も表現するみたいですね。

可愛らしいおねだりの方法ですから、しっかり応えてあげましょう。

 

ゴロゴロ・クルル

この鳴き方は一見、警戒しているように感じます。

しかし、喉を鳴らす音はリラックスして気持ちが良いときに鳴らすことが多いみたいですね。

撫でている時にこの声がすると、非常に気持いいと思っていることでしょう。

ちなみに猫の「ゴロゴロ」という音は、人間にとってもリラックス効果がありみたいです。

自律神経やホルモンバランスを整えてくれますので、一緒にリラックスしてみましょう。

 

ニャニャッ・ウニャウニャ

この鳴き方はあまりしないように思いますが、見られた時は上機嫌なときみたいです。

「おいしい!」「しあわせ!」という感情を表しており、まさに嬉しさ爆発と言った感じでしょうね。

一番見られる場面としては、待ちわびていたごはんが出てきた時でしょう。

食べながら思わず喜びが漏れてしまった時があるので、注意深く見てみてくださいね。

子猫もこの声をご飯を食べている時に出すことがあるようで、まるで「うまい!うまい!うまい!」と言っているように聞こえますよ。

 

サイレントニャー(口は開けるが声が出ていない)

声を出していないので、鳴き声に含めるか微妙ですが・・・

不思議なこの鳴き方でも、実際には人間には聞こえない高周波で鳴いているみたいなんです!

大人の猫よりも子猫がこの鳴き方を顕著にしています。

母猫に思いきり甘えている時にする鳴き方みたいなので、思いっきり甘えさせてみてはいかがでしょうか?

 

ニャーーーーン

実際、ニャーン・ミャーオと変わらないように思えますが、長く伸ばす鳴き方をする時があるようです。

この場合は、飼い主に何かを訴えている可能性があります。

ごはんの催促やドアを開けて欲しいなどの要求はいいですが、体調の不良などを訴えている可能性もあるでしょう。

 

ウー / ンー(口を閉じたまま低く唸る)

上記のゴロゴロではなく、こちらの鳴き方が威嚇や警告のサインです。

猫が近づかれたくないゾーンにうっかり近づいて行くとこの声を出すことがあり、引っかかれたりしたくない場合は一旦立ち去りましょう。

それ以上近づかずに静かに離れれば、猫を完全に怒らせることはありません。

 

まとめ


メインクーンの鳴き声がかわいい独特な声の意味や特徴の紹介をしてきました。

メインクーンの鳴き声が大きい身体からは想像できない高音で、かわいい独特な声でした。

鳴き声の意味もあるようですし、メインクーンはイントネーションがどことなく人間と近いような感じですので、飼い主と会話しているように見えるという特徴もありました。

以上、メインクーンの鳴き声がかわいい独特な声の意味や特徴の紹介でした。