猫の悩み

生後2ヶ月の子猫ご飯少ししか食べない!正しい量・回数を分かりやすく解説

生後2ヶ月の子猫ご飯少ししか食べない!正しい量・回数を分かりやすく解説
Pocket

コロナ禍で自宅待機が叫ばれる中、新たに猫ちゃんをお迎えしたという方も多いのではないでしょうか?

ペットショップから子猫をお迎えした方であれば、多くの子猫たちは丁度生後2ヶ月くらい。

生後2ヶ月の子猫はまだよちよち歩きで、短い手足を頑張って動かして精一杯遊んでいる姿が本当に可愛いんですよね!!

しかしそんな癒しの時間も束の間、「あれ、ご飯少ししか食べないの・・・?」と悩まれている方が多数いらっしゃるようなんです!

普通、子猫と言われたらご飯をいっぱい食べるイメージがありますが、せっかくお迎えした子猫がご飯を食べないとどこか体調が悪いのかと不安になってしまいますよね・・・。

ということで今回は、「生後2ヶ月の子猫ご飯少ししか食べない!正しい量・回数を分かりやすく解説」と題して、生後2ヶ月の子猫のご飯の量や回数を解説していきます。

ご飯を食べない理由についてもご紹介していますので、ぜひ一度ご覧くださいね!

それでは見ていきましょう!

 

生後2ヶ月の子猫がご飯少ししか食べない理由は?


人間でも動物でも、子供ならご飯をモリモリ食べて大きくなる・・・というイメージがありますよね。

子猫にもついそんなイメージを当てはめてしまうのですが、調べてみると生後2ヶ月の子猫があまりご飯を食べないというケースもあるようなんです。

筆者宅の猫も、生後2ヶ月で自宅にお迎えしたのですが、その翌日にご飯を吐いてしまい本当に心配でした。

病院に行った結果、何事もなかったのでよかったのですが、子猫がご飯を受け付けないというのはかなり不安になってしまいますよね。

生後2ヶ月の子猫がご飯を食べない理由には何があるのか調べてみたところ、以下のような原因があるかもしれないそうです。

  • 胃腸の機能が発達しきれていない
  • 猫風邪を引いている

一つ一つ詳しくご説明していきますね。

 

生後2ヶ月の子猫の胃腸機能は未完成

生後1ヶ月〜生後2ヶ月の期間は、子猫が乳離れをする期間。

ミルクだけを飲んで過ごしていた子猫が、やっと固形のフードを食べ始める時期なのです。

ミルクから固形物を食べ始める移行期ということは、まだ胃腸の機能が発達しきれていないということ。

出されたご飯を食べ切るには、まだまだ胃が小さいことがあります。

また、そもそも固形のフードを食べ慣れておらず、食べにくいと感じている場合も。

子猫がご飯を少ししか食べない場合や、そもそも食べようとしない場合は、固形のフードにこだわらずミルクをもう一度与えるのも手段の一つ。

また、人肌のお湯で固形のフードをふやかしたり、そこにミルクを混ぜてみることで食べやすくなり、フードを受け付けてくれるようになることもあります!

我が家の猫は生後2ヶ月でお迎えしましたが、最初は固形のフード3gからスタートして、お湯でふやかし、ミルクと混ぜて出していました。

数日ごとに1gずつ固形フードを増やしていき、ミルクを一缶飲み切るまではずっとふやかしていましたね。

猫なのでちょっとしたストレスで吐くことはありますが、毎日よく食べてくれていましたよ!

もし子猫がご飯をあまり食べないようであれば、こうした方法もぜひ試してみてくださいね!

 

生後2ヶ月の子猫は猫風邪を引きやすい

生後2ヶ月はミルクから固形フードに変わる時期でもあるのですが、実は母親からの免疫(移行抗体)の効果が切れてしまうタイミングでもあります。

子猫は母親からの母乳を飲むことで抗体をもらい、感染症に対する免疫をつけているのですが、この免疫機能は実は2、3ヶ月しか持続しないのです。

そのため、生後2ヶ月というのは子猫が風邪を引いてしまう心配が高くなっています。

そして鼻詰まりや腹痛を引き起こすことで、子猫がご飯をあまり食べたがらなくなっているのかもしれません。

鼻詰まりをするとフードの香りを感じることが難しくなりますし、咳やくしゃみ、腹痛などでご飯を食べるのがしんどい・・・というような場合もあります。

風邪の症状が出ていないか、便の様子はどうか(軟便になっていないか)などを確認し、心配事があればすぐに獣医さんにみてもらうようにしましょうね。

 

生後2ヶ月の子猫のご飯の正しい量・回数は?


胃腸の機能が発達しておらず、さらには猫風邪のリスクも高まっている生後2ヶ月の子猫たちには、どのようにご飯を与えるのが正しいのでしょうか?

まず、量や回数についてご紹介する前に、ご飯選びについて最初にお伝えしておきますね。

子猫は成長期ですからカロリーと栄養をたくさん取る必要があります。

そのため、「総合栄養食」と書かれた子猫用のフード(一般的にカリカリと呼んだりもしますね。)をあげてください。

原材料や成分表などがきちんと記載されているものだとなお安心です。

カリカリは保管がしやすく保存も効き、カロリーがやや抑え目なのがポイント。

ご飯にはウェットフードと言ってトロトロで水分が多く含まれているものもあり、これを与えるかどうかは子猫の好みやご飯の食べ具合によるところもあります。

ウェットフードは香りがよく嗜好性も高いですし、水分の摂取もできて一石二鳥なので、カリカリはあまり食べてくれないというような場合にはウェットフードを与えたり、カリカリと混ぜたりしてあげることもありますね!

猫は、生後6ヶ月までに食べたものを好んで食べるという傾向がありますので、小さい頃にできるだけたくさんの種類のご飯を経験させてあげるといいでしょう。

大人になってから好き嫌いが激しいと、災害時や病気の時などで好きなご飯を選ぶことができない場合に困ってしまうことがあるんです。

小さい頃から慣らしておくと◎!

 

生後2ヶ月の子猫のご飯の正しい量は製品ごとに違う!

肝心の量についてですが、これは与えるご飯によって異なってきます。

ご飯のパッケージに体重ごとの推奨量が記載されていますので、まずはそれに従って与えてみましょう。

ただし、これはあくまでも参考としての数値なので、子猫の体重の変化や食いつきなどによって減らしたり増やしたりしなければなりません。

子猫はとにかく栄養をたくさん取らなければいけませんから、ダイエットをすることは基本無いと考えていいでしょう。

それでも体型や体重が気になる場合は、獣医さんと相談しながらご飯の量を変えてみてください。

獣医さんはご飯選びについても相談に乗ってもらえますし、診察の際に「これくらいまでなら太ってもOK」というように見極めてくれる場合もありますので悩んだら積極的に話を聞いてみてもいいかもしれません!

 

生後2ヶ月の子猫のご飯の正しい回数は成長具合をチェック!

子猫のご飯を食べる回数は1日に3回から4回、大人になるにつれて回数は2回ほどになるとされています。

しかし、基本猫は少ない量をこまめに分けて食べることをする動物ですので、出されたご飯を一度で食べ切らない場合もあります。

ただ、食いしん坊な猫ちゃんは、出されたご飯を全て食べ切ってしまい次のご飯まで空腹に耐えられないことも。

そうなると飼い主さんにご飯の要求をし続けてしまい、飼い主さんも気が気でなくなりますよね。

そういった子にはこまめに回数を分けて少しずつ与えて、空腹の時間帯をなるべく無くすような工夫も必要です。

筆者宅の猫は、生後2ヶ月でお迎えした当時から2歳になった現在まで1日3回のご飯をキープしています。

置き餌はよくないとされているので、できるだけこまめにあげるようにしているんです。

それでも大きな問題はありませんから、猫ちゃんに応じて臨機応変に対応していくのがベストですね。

 

まとめ


今回は生後2ヶ月の子猫がご飯を受け付けない理由と、正しいご飯の量・回数についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

せっかくお迎えした子猫が「ご飯少ししか食べない・・・」と不安になっていらっしゃった方の参考になったのではないでしょうか。

ご飯を受け付けない理由はさまざまなことが考えられますので、はっきりとした原因がわからないのであれば一度獣医さんに相談してみるのがいいかもしれませんね。

量や回数についても、これまた猫ちゃん次第というところが非常に大きいのですが、基本は製品のパッケージに従って与えるところから始めてみましょう!

愛猫のご飯の食べ方をしっかりと観察して、健康な生活を送れるようにしてあげてくださいね!

以上、「生後2ヶ月の子猫ご飯少ししか食べない!正しい量・回数を分かりやすく解説」でした。