猫の悩み

猫のいびきがゴロゴロ、ブーブー、グーグーは大丈夫なの?

猫のいびきがゴロゴロ、ブーブー、グーグーは大丈夫なの?
Pocket

猫飼いの皆さんは、愛猫の健康をどのようにチェックしているでしょうか?

ぐったりしていたり、ご飯を食べなかったり、ウンチやオシッコの様子を見て確認されている方が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな猫の健康チェックの要素の一つとして注目したい「いびき」をご紹介していきます。

どのご家庭でも猫ちゃんはよく寝る子がほとんどだと思いますが、ご自宅の猫ちゃんの「いびき」をかいているのは聞いたことがあるでしょうか?

実は、猫ちゃんも人間と同じようにいびきをかくんですよね!

筆者も猫を飼っているのですが、猫ちゃんは基本的に音を立てずに行動する生き物なのに、寝ている時にいびきをかいていたことにびっくりしたことがあります。(笑)

ですが、そんな猫ちゃんのいびきには実は油断できない病気が潜んでいることもあるんですよ!!

ブーブーという音やピーピーと鳴っているときなど、いびきの音をいくつかに分けながら「猫のいびきは健康に問題があるのか?大丈夫なのか?」について徹底調査!

ご自身の猫ちゃんのいびきを不安に思われた方は、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

それでは見ていきましょう。

 

猫もいびきをかく!


猫ちゃんと人間では顔や身体の作りが違うのにいびきをかくの!?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、先ほどもご説明したように、実は猫ちゃんでもいびきをかくんです。

スースーピーピー鳴らしながら寝ているところを見ると「可愛いなぁ」と思ってしまいますよね。

そもそも「いびき」というのは何なのかというと、鼻から入った空気が鼻腔や咽頭などの上気道を通るときの振動音。

睡眠によって鼻腔が緩まり気道が狭くなることで、空気が振動して音が鳴ってしまうんです。

なので鼻がある猫ちゃんがいびきをかくのは普通のことなのです。

 

いびきをかきやすい猫種は?

猫がいびきをかくのは珍しくないことなのですが、猫の種類によっては、特にいびきをかきやすい子がいます。

ご自宅の猫ちゃんが以下の品種の場合は、いびきをよく聞くことがあるかもしれませんね。

  • エキゾチックショートヘア
  • ペルシャ
  • ヒマラヤン
  • スコティッシュフォールド

これらの品種の猫ちゃんは「短頭種」と呼ばれており、顔が丸くて平たい、首が短いという特徴があります。

それに加えて鼻口部である”マズル”が他の猫に比べて短くなっています。

上の三種は”鼻ペチャ”で有名ですし、スコティッシュフォールドはそこまで鼻ペチャというわけではありませんが、他の猫種に比べてマズルは短めのつくりになっています。

マズルが短いとどうなるのか?というと、鼻腔や咽頭が狭くなり空気が通りにくいため振動音が鳴りやすいということです。

我が家のスコティッシュフォールドもお昼寝の時には「プスープスー」と鼻を鳴らしていますよ。(笑)

 

猫のいびきゴロゴロ、ブーブー、グーグーは危険?大丈夫?


そんな猫のいびきですが、初めていびきを聞いた方や、いつもと違う音を出している場合などは不安になってしまうこともあるかと思います。

そこで猫ちゃんのいびきは危険なのかどうか見極めるポイントについてご紹介していきますよ。

猫ちゃんいびきは「普通のいびき」と「危険ないびき」の二つに分けられます。

まず、「スースー」「ピーピー」というような小さく高い音が出ている場合。

そして「ゴロゴロ」「ブーブー」「グーグー」「ブブブ」といった大きくて低い音が出ている場合です。

それぞれについて詳しくみていきましょう!

 

猫のいびきが「スースー」「ピーピー」の場合

スースーやピーピーのような、寝息よりはよく聞こえるけれど小さくて高い音の場合は「心配ない」いびき。

熟睡して身体の緊張が緩み、鼻腔内が狭くなっていることが考えられます。

こうした場合は普通のいびきですので、受診の必要はなく気にしなくてOK。

本来とても警戒心が強いのが猫ですが、安心しきっているとスピースピーと寝息に似たいびきを出してしまうそうです。

ゆっくりと可愛いいびきを見守りましょう!!(笑)

 

猫のいびきが「ゴロゴロ」「ブーブー」「グーグー」「ブブブ」の場合

猫ちゃんのいびきが「ゴロゴロ」「ブーブー」「グーグー」「ブブブ」のような、大きくて低い音が出ている場合は、すぐに「診察」を受けてください。

これに加え、呼吸が不規則な場合も動物病院を受診する必要があります。

「ゴロゴロ」という音は猫ちゃんが甘えている時にも出る音なので、「どうやって区別するの?」と思われるかもしれませんが、そういった時にはじっくりと鼻を見てみてください。

もし異常がある場合は鼻がヒクヒクして大きく呼吸しているような動きがあるはずです。

そういった時には甘えやリラックスから来るものではなく、健康状態に異常が出ているかもしれません。

猫ちゃんがこのような音のいびきをするときに考えられる要因は下の通りです。

  • 肥満
  • 鼻炎
  • 腫瘍
  • 喉頭や気管の異常

肥満や鼻炎になっている場合は、ダイエットをしたり鼻炎の原因になるものを除去することで治ります。

しかし腫瘍や喉頭・気管の異常が出ている場合は、治療のために通院したり手術をしたりすることが考えられます。

猫のいびきが大きくなったと感じたり、起きているときの呼吸が荒くなっているような場合は病気があることが疑われますので早期の受診をするようにしてください。

その時には、鼻水は出ているかどうかアレルギーはあるか、などあらかじめ確認して獣医さんに伝えると◎

猫ちゃんの命を守るためにも、普段から猫のいびきは聞いておくようにしましょう!

 

猫のいびきの対処法は?

心配ないいびきであれば特に気にする必要はないのですが、もし飼い主さん側でできる対策があるとするなら肥満にさせないことと、猫の体調をよく観察しておくことです。

肥満になると気道が狭くなってしまい、いびきの原因に。

それだけではなく他の重大な疾患の元にもなるくらい肥満は怖い状態なんです。

ご飯やおやつをあげすぎないようにして、適切な運動を心がけましょう。

猫の体型は、人間が触った時に肋骨の形が確認できて、お腹にくびれがある状態が良いとされています。

肋骨が見た目でわかってしまう状態は痩せすぎ。

あくまで触った時に骨がわかる具合を維持するようにしましょう。

少しわかりづらいかもしれませんが、普段から猫ちゃんとスキンシップをとっている方なら感覚が掴めるはず。

また、ご飯の食べ具合はどうか、便の状態はどうか、いつも通り体を動かして遊んでいるかどうか、など日常の様子と合わせて見ておくことで、猫ちゃんの体調不良にすぐ気付くことができます。

猫ちゃんは言葉を話せませんし、自分で体調管理をすることもできません。

飼い主である我々の観察眼が猫ちゃんの健康に直結する、ということを忘れないようにしましょう!!

 

まとめ


今回は猫のいびきがゴロゴロ、ブーブー、グーグーと鳴っている場合は大丈夫なのか?ということについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

猫ちゃんでも普通にいびきをかくのは可愛いですが、油断ならない場合もあることをお忘れなく!

スースー、ピーピーと小さい音がなっている場合は心配しなくても大丈夫ないびき。

しかし低くて濁った音(ゴロゴロ、ブーブー、グーグー、ブブブ)が出ているような場合は注意が必要です。

肥満や鼻炎であれば原因を取り除けばいいのですが、腫瘍や気道の異常がある場合は手術や大掛かりな治療が必要になることも。

これからは健康チェックの一つとして、ぜひ「いびき」にも注目してみてください!

以上、「猫のいびきがゴロゴロ、ブーブー、グーグーは大丈夫なの?」でした。