猫の悩み

猫の爪切りすぎて血が出た!どこまで切っても大丈夫?

猫の爪切りすぎて血が出た!どこまで切っても大丈夫?
Pocket

猫を飼っているなら絶対に避けては通れない「爪切り」。

猫は爪研ぎを自分でするものの、やはり自宅にある爪研ぎボードでは不十分で、伸ばしっぱなしにしているとピンピンに伸びてきてしまいます。

猫の爪は人間とは違い「鉤爪」なので、伸びたままにしておくのは大変危険!

なので伸びてきた時は爪切りが必要なのですが、慣れていない場合でどこまで切っていいか分からなかった時や、猫ちゃんが暴れてうまく切れなかった時などは爪を切りすぎて血が出た・・・なんてことも起こり得ます。

と言うことで今回は猫ちゃんの爪を切りすぎて血が出た時の対処法と、爪切りの基本についておさらいしていこうと思いますよ!

猫の爪はどこまで切るべきなのか、爪切りの頻度はどれくらいかということも併せてご紹介しますので、猫の爪切り経験が浅い方はぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは見ていきましょう!

 

猫の爪はどこまで切っても大丈夫?


まず最初に、猫ちゃんの爪はどこまで切ればいいのかについてお話ししていきますね!

猫ちゃんの小さいおててに隠れている爪は細くて、爪切りをするのも一苦労。

特に猫ちゃんを飼うのが初めてだよ!という方は、猫の爪ってどこまで切ればいいの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

人間のように、ピンクと白の部分はハッキリしていればわかりやすいのですが、猫ちゃんの爪は細くて小さいのでそういった基準があるのかも分からない・・・となってしまいがち。

そんな方のために、猫ちゃんの爪はどこまでが切るべき範囲なのかをお伝えしていきたいと思います。

 

猫の爪を切っていいのはピンクのところまで


上の画像は猫ちゃんの爪を横から見たところです。

猫ちゃんの爪をよく見てみると人間と同じように「ピンクの部分」があることが分かりますよね。

このピンク色の部分は「クイック」と言って、神経と血管が通っているところになります。

このクイックのところを切ってしまうと血が出るだけではなく、猫ちゃんが痛みを感じてしまい、その子にとって爪切りは怪我をさせられることに繋がってしまいます。

このピンク色の部分は絶対に切らないように、必ず「白い部分」だけを切るようにしてください!

人間と同じですね。

 

猫の爪切りすぎて血が出た時の対処法


次に、猫の爪を切りすぎて血が出てしまった時のことについてお話ししていこうと思います。

猫ちゃんの爪はどこまで切ればいいのかただでさえ迷う上に、大人しくしてくれていればまだ切りやすいのですが、大抵の猫ちゃんは爪切りが大嫌い。

自宅の猫も爪切りバサミを出しただけで暴れてしまい、手足をジタバタさせて絶対に爪を切らせまいとしてくるんです。(笑)

猫ちゃんは手足を触られるのが基本苦手なので仕方ないのですが・・・。

暴れられると爪切りもしにくいですし、どこまで切っていいか分からなかった方はもちろん、慣れている方でも慌てて切ってしまって猫ちゃんに痛い思いをさせてしまうこともあるかと思います。

もしそのようなことが起きて、猫ちゃんの手から血が出てしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

猫の爪切りすぎて血が出た時はすぐに止血!

もし猫ちゃんが暴れてしまった時や、手元が狂ってしまった時に猫ちゃんの爪切りで血管を切ってしまった場合は、すぐに止血をするようにしてください。

止血の方法は、清潔なガーゼやコットンで1〜2分間ほど押さえます。

そうすることで止血できますが、もし血が止まらない場合はすぐに動物病院へ行くようにしてください。

傷口から感染症になることも考えられますので、止血できた場合でも獣医さんに相談しておくとより安心です。

 

猫の爪切りの方法は?


それでは、猫の爪切りの仕方を改めて振り返っていきましょう!

初心者の方はもちろん、今まで何度も猫ちゃんの爪切りをしてきたという方にもぜひおさらいしておいていただきたい内容です♪

同じく猫飼いである筆者も勉強しなおしたいと思います。

それではチェック!

 

猫の爪切り5つのポイント

猫ちゃんの爪切りをするときにポイントにしたいのが下の5つです。

  1. 猫ちゃんのリラックスできる場・体勢を作る
  2. 後ろ足から切る
  3. 小指側から切る
  4. 肉球を優しく押しながら爪を出す
  5. 切るのは2〜3mmでOK

猫の爪切りで一番大切なのは、猫ちゃんにいかに気持ちを落ち着けてもらうかということです。

ただでさえ爪切りは猫ちゃんにとって地獄のような試練。(笑)

そのため、猫ちゃんが冷静でいるときに行うのが大切。

それに加えて、猫ちゃんの抵抗感がまだ少な目な「後ろ足から」、そして「小指側から」スタートすると切りやすい場合があるそうです。

爪を押し出すときは、肉球をギュッと押さないように注意が必要です。

いざ切るときは、血管を切ってしまわないように先の尖っている部分を2〜3mmカットするだけでOKです。

爪切りの頻度は増えてしまうかもしれませんが、猫ちゃんが痛い思いをしないように、飼い主さんも慎重にカットしてあげるようにしましょう!!

 

猫の爪切りの頻度は?


猫の爪切りは、目安として1ヶ月に1回行うのがいいとされています。

しかし、シニア期の猫ちゃんはもう少し頻繁に、2週間に1回がオススメです。

シニアになるとだんだん体を動かすことも少なくなり爪研ぎの頻度も低下するため、爪のターンオーバーが遅れ、爪が太くなってしまうのです。

古い爪が外側に残っていると、猫は玉ねぎのように内側から新しい爪が生えてくるため巻き爪になりやすく、自分の肉球を傷付けてしまうことも。

そうならないためにも、シニア期の猫ちゃんの爪の状態はより注意してみておくことが必要です。

 

猫が爪切りを嫌がるときは?

猫ちゃんが爪切りを嫌がるときは、以下の対策をしてみるのもアリ。

  • 何回かに分けて切る
  • バスタオルや洗濯ネットなどで包む
  • エリザベスカラーをつける

猫ちゃんが嫌がるときは無理に切らないということも大切です。

1日2本や3本と決めて切ることで、イヤ〜な爪切りの時間を減らすことができるため、猫ちゃんの心理的負担も軽くなります。

また、猫ちゃんはバスタオルなどで包んであげると落ち着くという子が多いので、切りたい方の足を出しつつバスタオルで包んであげるといいかもしれませんね。

エリザベスカラーをつけるというのも一つの手段。

その他、おやつやおもちゃで気を逸らしながら切るという方法も考えられますので、それぞれご自宅の猫ちゃんの性格に合わせて色々な方法を試してみてください。

 

猫の爪切りはプロに任せてもいい!


猫ちゃんがあまりにも暴れる場合や、自宅で爪切りを行うのが不安な場合は、思い切ってプロにお任せすることも大切です。

猫ちゃんが痛い思いをするくらいなら、少しお金がかかっても獣医さんやトリマーさんにお任せして切ってもらう方が猫ちゃんにとっても飼い主にとってもそれが一番ですよね♪

 

まとめ


今回は猫の爪を切りすぎて血が出た時の対処法や、猫の爪はどこまで切っていいのか、そしてその頻度もお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

爪を切りすぎて血が出たときは、清潔なガーゼやコットンですぐに止血をし、動物病院で獣医さんに診てもらうようにしましょう!

猫の爪にはクイックと言って、血管と神経が通っているピンク色の箇所がありますので、そこよりも手前の白い部分だけを切ることで出血を避けられます。

爪切りは基本月1回でOKですが、猫ちゃんの年齢や性格に合わせて、頻度を決めると◯

あまりに嫌がる場合は無理をせず、獣医さんや猫ちゃんを担当されているトリマーさんに頼めば安心ですよ♪

爪切りは猫ちゃんが嫌がっても決してサボらず、飼い主側が工夫して必ず行うようにしましょうね!

以上、「猫の爪切りすぎて血が出た!どこまで切っても大丈夫?」でした。