猫の悩み

捨て猫を見つけたら警察に通報すべき?どこに相談するのが正解?

捨て猫を見つけたら警察に通報すべき?どこに相談するのが正解?
Pocket

今回は、ちょっと心苦しいですが、知っておかなくてはいけない話題「捨て猫」たちについてお届けしていきます。

多くの人が猫をお迎えし、そのほとんどの方は終生大切に、愛猫が虹の橋に辿り着くまでずっと寄り添っていることと思います。

しかしごく一部の人の中には、猫を捨ててしまう方もまだまだいるのが事実。

段ボールや紙袋などに子猫が入れられ、猫カフェや動物病院の前に放置されていたなんて話を、皆さんも耳にすることがあったのでは無いでしょうか。

そんな時に自分でも考えておきたいのが、もし捨て猫を見つけたらどうしたらいいのか?ということです。

警察に通報すればいいのでしょうか?

はたまた別のところに相談すればいいのでしょうか?

だとしたらどこに連絡すればいいのでしょうか?

ということで、捨て猫を見つけた時に警察に通報すべきかどうか、またどこに相談すればいいのかを今回ご紹介していきたいと思います。

知っておいて損はありませんし、捨て猫たちが第二の人生を幸せに送れるように、ぜひ皆さんも頭に入れておいてくださいね。

それではご覧ください。

 

捨て猫を見つけたら警察に通報すべき?


まだまだたくさんいる捨て猫。

多くの方が猫を飼うようになりましたが、その一方で捨ててしまう飼い主もまだたくさんいるのが現状です。

もしこれをご覧いただいている方が今後捨て猫を見つけた時にはぜひ助けていただけるように、お伝えしていきたいと思います。

それでは本題ですが、もし捨て猫を見つけた時に警察に通報すべきかどうかについては、その猫の状況で変わってきます。

それは、猫に首輪がついているかどうかです。

詳しくご説明していきますね。

 

首輪がついている捨て猫を見つけたら?

もし猫に首輪がついている場合は警察と保健所に通報するようにしましょう。

飼い猫は財産としてみなされますので、警察に遺失物として届け出ておいた方がベター。

捨てたのではなく、自宅から脱走してしまった可能性もありますので、もしかしたら飼い主さんが見つかることもあるかもしれません。

ただ、明らかに「捨てられている」と判断されるような場合で警察に通報すると、「動物遺棄」という犯罪に当たりますので、警察が捜査に乗り出すことになります。

その場合は、警察の方が見つけた方に対しても聞き取りが行われ、調査が終わるまではご自分で飼うことはできません。

そして猫の健康状態の確認も遅れることになりますので、首輪がついていない猫の場合はまず動物病院に連れていき、獣医さんに相談してみるのがいいかもしれません。

保護活動をしている方によると、大抵の場合は飼い主が現れないことが多いのだそうです。

外に出してしまった時点で既に諦めているのでしょうか。

私も猫を飼っていますが、うちの子を探さないというのはとても信じられないですね・・・。

 

首輪がない捨て猫を見つけたら?


次に、首輪がついていない場合ですが、周りに箱や袋など人工的なものがない場合は、もしかすると野良猫である可能性も。

その場合はすぐに動物病院へ連れていき、感染症や寄生虫などの検査をしてもらうようにしましょう。

上述したように、明らかに捨て猫であっても警察に通報しては迅速な健康診断ができないこともありますので、首輪がない猫ちゃんを今すぐ助けたいと思われている方は、ぜひ動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

また、マイクロチップが埋め込まれているかどうかで飼い猫かどうかを判断することができますので、そこをチェックしてもらうことも忘れないようにしてください。

動物病院へ連れていきたい場合は、あらかじめ病院に電話で「野良猫を連れていく」と状況を伝えておくようにすると◎

 

さくら猫かどうかをチェック

もし野良猫を見つけたら、確認していただきたいのは「耳の形」です。

耳が桜の花びらのようになっている場合は、既に去勢・避妊手術を終えた「地域猫」。

おそらく近所の方からご飯をもらったり、トイレの処理をしてもらったりしながら暮らしているのでしょう。

そのような場合、地元の保護団体がサポートとして関わっている可能性があります。

さくら猫の場合は、警察に届ける必要はありませんが、もし自宅にお迎えしたい場合は念の為保護団体に連絡をするようにしてください。

いきなり姿が見えなくなってしまっては、ずっとお世話をしていた方が悲しんでしまいますからね。

もし終生飼えないのであれば、さくら猫を無理に保護するのはやめておきましょう。

 

捨て猫を見つけたらどこに相談するのが正解?


首輪がついていて、明らかにどこかの家の猫だとわかる場合は警察や保健所に相談するのが良いのですが、もしそうではない場合は少しだけ自由度が増します。

それは、今後の猫ちゃんの暮らしについて動物病院や保護団体に相談する方法です。

ご自身で飼えない場合でも少しの間家に置いておけるということであれば、ネットの里親募集で飼ってもらえる方を探してみましょう。

保健所や行政の動物愛護センターに相談すると、引き取ってはくれますが、結果として殺処分をされてしまうパターンが多いんです。

最近は殺処分を減らすような取り組みをされているところも多いですが、殺処分はまだまだ多く行われています。

猫ちゃんの未来を守るためにも、なるべくご自身の自宅に迎えたり、ご自身の手で里親を探すようにするのがいいでしょう。

それでは、相談先について、一つ一つ詳しくご紹介していきますね。

 

捨て猫を見つけたらまずは動物病院へ

「まずは動物病院に連れていき健康状態を確認する」ということは絶対に欠かさないようにしてください。

その場合の診察代は、ご自身で負担してもらうことになりますが、今後の猫ちゃんの暮らしを考える上で大切なこと。

病院は欠かさないようにしてくださいね。

先ほどもご説明したように、あらかじめ電話で野良猫を連れていくと連絡しておくようにしてくださいね。

もし里親を探したいという場合は、動物病院が里親募集や迷い猫の情報を持っていることもありますので、今後の猫ちゃんたちの生活については相談してみるといいかもしれません。

里親募集のチラシを貼ってくれる場合もありますよ。

もしご自宅で飼えるという場合は、トイレやケージ、キャリーケース、キャットフードなどを揃えておくといいでしょう。

 

捨て猫を見つけたら地域の保護団体に相談?


地元の保護団体に相談するという手段もあります。

保護団体であれば保護猫の譲渡活動を行なっていて、拾った方が自宅に猫を迎えられないという場合は猫を預かってお世話をしてくれたりもします。

ただ、最近はボランティアで忙しく現場に来てくれないこともありますので、まずは連絡してみてから。

その場合でも、まず最初に動物病院で健康診断をしてもらうのを忘れずに!

 

捨て猫を見つけたら里親募集をしてみる

健康チェックも終わり、ご自宅では飼えないけれど一時保護ならできるという方は、ネットなどで里親募集をしてみるのがいいかもしれません。

「猫 里親募集 掲示板」などで検索すると、たくさんの掲示板が出てきますので、そこに書き込んでみましょう。

もし候補者が現れた場合にチェックしたい里親の条件はコチラ。

  • アレルギーがないかどうか
  • ペット可物件に住んでいるかどうか
  • 家族の同意があるかどうか
  • 定期検診や治療を受けさせる意思があるか
  • 終生飼ってもらえるかどうか

猫ちゃんが第二の人生を幸せに送れるように、厳しいと思うかもしれませんが、しっかりと見極めてから送り出してあげてくださいね。

 

まとめ


今回は捨て猫を見つけたら警察に通報すれば良いのか?どこに相談すべきなのか?ということについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

首輪のある猫は警察に相談して、そうではない猫ちゃんはぜひご自身の手で助けてあげてください。

保健所や行政の愛護センターではまだまだ殺処分が行われています。

猫ちゃんの未来を救うためにも、拾った方が里親になったり、里親を探してあげるようにしましょう。

ペットを飼うことが増えている今、その反対側ではこうした悲しい事実もまだまだ存在しています。

幸せな猫ちゃんを1匹でも増やすために、我々ができることを考えていきたいですね。

以上、「捨て猫を見つけたら警察に通報すべき?どこに相談するのが正解?」でした。