2ヶ月齢で1回目、3ヶ月齢で2回目のワクチン(初回ワクチンは2回以上の接種)後、年1回の追加接種を受けます。ワクチンにより死亡率の高い伝染病を予防することができ、安心して散歩、繁殖の計画を立てることができます。
 ペットホテルや美容室などではワクチンを接種していないと断られる場合も少なくありません。
犬の伝染病 猫の伝染病
ジステンパー 8 種 混 合 ウイルス性鼻気管炎





伝染性肝炎 カリシウイルス
アデノウイルス1,2 汎白血球減少症
パラインフルエンザ 白血病  
パルボウイルス クラミジア
コロナウイルス  
レプトスピラ 猫エイズ ワクチンなし
狂犬病 4月に集合注射(当院でも可) 猫伝染性腹膜炎 ワクチンなし

犬ジステンパー
非常に感染力、死亡率の高い病気です。イタチ、フェレットなどのイタチ科とイヌ科の動物に感染します。感染犬の鼻水や目やに、尿にウィルスが含まれていますが、空気感染でもうつります。感染すると高熱から、鼻水や咳の呼吸器症状、嘔吐や下痢の消化器症状が現れ、てんかん発作などの神経症状を示し、衰弱します。
先頭へ
犬伝染性肝炎
犬アデノウィルス1型の感染による病気です。感染犬の便、尿、唾液などから経口感染します。下痢、嘔吐などの症状から肝炎を起こし、子犬では一晩で死亡することがあります。
先頭へ
犬アデノウィルス(2型)感染症
犬アデノウィルス2型の感染による病気です。肺炎、扁桃炎などの呼吸器症状を起こし、他のウィルスや細菌の感染を治りにくくします。
先頭へ
犬パラインフルエンザ
「Kennel Cough」という犬の呼吸器症候群の原因ウィルスのひとつです。単独だけでなく、他のウィルスや細菌との混合感染をします。その場合には発作的な咳を繰り返し、気管支炎、肺炎を起こします。伝染力が強く、咳やくしゃみから空気感染をします。
先頭へ
犬パルボウィルス感染症
生存期間の長いウィルスで、犬から離れた状態でも生存しています。また感染犬の便中には多量のウィルスがあり、これが感染源ともなります。激しい下痢や嘔吐を起こす腸炎型と、心臓に感染して突然死する心筋型があります。ジステンパーと並んで子犬の死亡率の高い病気です。
先頭へ
犬コロナウィルス感染症
SARSと同じく、コロナウィルスに分類されるウィルスの感染症です。この犬のウィルスは、呼吸器ではなく消化器に感染します。子犬の場合は嘔吐と酷い下痢がみられ、脱水を起こすことがあります。感染犬の便や尿に含まれ、経口感染をします。
先頭へ
犬レプトスピラ症
スピロヘータ属の細菌が原因となる伝染病で、人、ねずみにも感染します。
嘔吐下痢による脱水、尿毒症、腎炎の症状であるカニコーラ型と
黄疸、血便の症状のイクテロヘモラジー型の症状があります。
先頭へ
狂犬病
人、猫、すべての哺乳類にうつる感染症です。唾液中には多量のウィルスを含み、傷口からリンパ節へ感染します。日本では30年以上発生していませんが、世界ではまだまだ発生の高い病気です。最近、タイではこうもりの糞から人への感染が広がり、何人も死亡しています。日本では予防は3ヶ月齢以上の犬に義務付けられており、毎年4月に集合接種が行われていますが、義務ではなく、家族や周囲への安心と、大切なペットを守るために予防しましょう。
先頭へ

猫ウィルス性鼻気管炎
ヘルペスウィルスによる感染で「鼻風邪」の症状が見られます。「目はクシャクシャ、鼻はズルズル」ノラ猫によく見られる症状です。
先頭へ
猫カリシウィルス感染症
かかり始めは鼻気管炎に良く似てくしゃみ鼻水が出ますが、症状が進むと口内炎や潰瘍ができ、食べることができなくなります。鼻気管炎と混合感染している場合が多いです。2次感染により急性の肺炎を起こすこともあり、「猫インフルエンザ」とも呼ばれます。
先頭へ
猫汎白血球減少症
猫のパルボウィルス感染症です。急激な白血球の減少が見られることからこの名前がついています。高熱、下痢、嘔吐による脱水で子猫では1日で死亡することもあります。他の猫のノミなどから媒介されることもあるので、早めに駆除しましょう。
先頭へ
猫白血病ウィルス感染症
母乳などからも感染し、子猫に感染の高い病気です。免疫力が弱まるため他の病気を併発しやすくなりますが、発病まで見かけ上は健康です。持続感染により80%の猫が3年以内に白血病、血液の癌などで死亡します。流産が多い、病気がなかなか治らない等の猫にはウィルスに感染している可能性があるので検査を受けてください。
先頭へ
猫クラミジア感染症
猫から人、犬、豚に感染することもあります。菌が目や鼻から侵入し、粘着性の目やにの出る慢性の結膜炎をおこします。鼻水、くしゃみ、咳などが現れ、肺炎をおこして死亡する場合もあります。
先頭へ
以下2つの病気は血液検査で病気の有無を調べることはできますが、現時点で日本ではワクチンの開発のない病気です。いずれも発症すると致死率の高い病気で、完治することはありません。また、感染初期には外見上ほかの猫と全くかわりがありません。早期発見で発症をおくらせたり、状態を保つことができる場合があります。飼い主が病気の知識を正しく持ち、日々の生活に気を付ける事が予防となります。
猫エイズ
猫科動物にのみ感染するもので、人間のエイズウィルスとは異なります。感染経路はほとんどが猫の喧嘩による咬み傷からになります。症状は人のエイズと同じく免疫不全による抵抗力の低下です。
先頭へ
猫伝染性腹膜炎
コロナウィルスによる感染症です。猫のコロナウィルスには犬コロナのように腸炎を起こすものもあり、この2つに関してはウィルス検査でも判別はつきません。この病気の発症要因についてはウィルスの保持だけでは完全ではなく、未だに原因、伝染様式、治療ともに解明されていません。重症になると腹水、胸水、黄疸が見られ、腹膜だけではなく他の臓器も侵されます。
先頭へ